FC2ブログ
原子力発電所について考える
2011 / 03 / 18 ( Fri )
今もなお、予断を許さない状況が続いていますが、
今回の原発事故で、極端な表現で、平たく言うと、
日本列島の東北関東圏は人が住めない土地になる可能性がある、という事だと思います。
あくまで可能性ですが、そんな可能性を秘めた原発というものに対して、今までは、あまりにも無関心でした。
もちろん、原発エリアの方はそんな事はなかったんだと思いますが。。。
そもそも、本当に原発はなくてはならないものなのか?
ひとたび、暴走をはじめると(今はまだ、完全に暴走している状況ではないですが)
人間の手では、もう、どうにもならない原発、それに頼るという事は、
いわば、禁じ手を使っているような気がしてしまいます。
もちろん、それを訴えている方は世界各国にたくさん(最近は減っているように感じますが)
いた事も知ってましたし、あるいは、CO2削減にも、一役買っているのも事実です。
それをもふまえ、基本に立ち返って考えると、その(原発)上に成り立っている各国の社会、経済、そのものが、
何か危うい物の上に成り立っているように感じてしまいます。
原発がなくても、まかなえる範囲での社会、経済しか、本当は許されていないのではないでしょうか?
と、極端な発想かもしれませんが、考えさせられます。
確かに効率だけ考えれば、こんな高効率の物は他にないけど、
そこら辺は、なければないで、何とかなるし?(なんとかしなければならない?)
なければ、何か発明してくれる人が出てくるんじゃないのかな?(逆になくさないと誰も考えない)
と、安易に考えていますが、個人的には原発のない社会作りが、できたらいいなと思います。

湘南鎌倉のウインドサーフィンとSUP(スタンドアップパドルボード)のスクールとレンタルは鎌倉ハイサーフ
スポンサーサイト



13 : 27 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明日から営業します | ホーム | 今日の由比ケ浜坂ノ下>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://8132blog.blog47.fc2.com/tb.php/454-1fc853ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |